• 医師紹介

  • 院長紹介

院長写真

院長 大田 修


当院では、スポーツ障害、外傷に対して相談、診察、治療を行っています。

  • 各種ストレッチや治療体操などの運動療法
  • サポーターや足底板などの装具療法
  • 各種機器による理学療法
  • 内服薬、外用薬、注射などによる薬物療法
  • その他(テーピング、キネシオテープ等)
治療は基本的に保存療法です。外科的処置が必要とされる場合は、近隣の医療機関を紹介し、協力医と共に治療にあたっています。

でき得る限り文献などのイラストを利用しながら、選手、コーチに説明し、リハビリテーションやトレーニングについてお話していきたいと考えています。
ご質問などがございましたら、お気軽に声をお掛け下さい。
  • 院長経歴

昭和51年03月 順天堂大学医学部卒業
昭和51年06月 順天堂大学医学部整形外科医局入局
昭和53年07月 国立伊東病院温泉病院就職
昭和54年07月 順天堂大学付属伊豆長岡病院就職
昭和55年07月 順天堂大学医学部整形外科医局助手
昭和56年04月 広島市立安佐市民病院就職
昭和61年04月 広島市立安佐市民病院整形外科副部長
昭和62年05月 大田クリニック整形外科開院
Jリーグ発足時より JEF市原とチームドクター契約
  • 専門とする疾患

スポーツ医学一般、脊椎疾患、リウマチ
  • 所有資格

(財)日本体育協会公認スポーツドクター
(社)日本整形外科学会 整形外科専門医
(社)日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
(社)日本整形外科学会 スポーツ医
(社)日本整形外科学会 リウマチ医
日本医師会認定 健康スポーツ医
日本医師会認定 産業医
リウマチ登録医
身体障害者福祉法認定医師
運動器リハビリテーション医
  • 講演・講義等指導可能領域

青少年のスポーツ医学・スポーツ障害(障害/外傷)

▲ページの先頭へ戻る

▲HOMEに戻る